•  
  • Archives for 7月 2013 (7)

レンタカーの利用が便利な沖縄旅行

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月29日

透明度の高い真っ青な海が特徴の沖縄県。
気候も暖かくカラフルな魚や海ガメも生息して、ダイビングスポットとしても人気があります。
またゴルフ場もたくさんあり旅行客が絶えません。

沖縄を観光するのに活躍するのがレンタカーです。
那覇などの都市部を除くとまだ公共交通機関は発達していません。
沖縄県の本島の広さはそれほど大きくはないので、レンタカーでの移動が便利となります。

那覇には多くのレンタカー会社があります。
会社により値段やサービスも異なるので、インターネットを利用し見積りをとってみるといいでしょう。
基本的に夏などのピーク時にはレンタカーの料金も割高となります。

旅行会社の沖縄旅行のプランにはレンタカー付のフリープランというのがあります。
時期や条件によっては旅行会社を利用した方が安い場合もあります。

レンタカーの魅力は自分で好きな時に、好きなところへ行けることです。
2日もあれば1周できる沖縄本島をゆっくり満喫してみてはいかがでしょうか。
沖縄旅行にはレンタカー

レンタカーのナンバープレート

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月22日

ナンバープレートのひらがな部分が「わ」の車は、レンタカーのナンバープレートであることは知っている人も多いと思います。
分類番号が3桁化され、「わ」に統一されたましたが、分類番号が2桁だった頃には「わ」の他に「れ」も使われていました。
「れ」が使われていた地域は北海道、長崎県の壱岐、鹿児島県の奄美大島です。

なぜここだけ「れ」だったのでしょう。
運輸省からの送られてきたFAXの文字が読みにくく、北海道の支局が間違えて読んでしまった為とも言われていますが、
離島事務所では本島と区別するためとも言われています。

実際、壱岐と奄美大島の長崎及び鹿児島本土は、「わ」を使い離島の「れ」と使い分けていたそうです。
1999年5月以降に登録されたレンタカーは「わ」となっています。「わ」を使い切ると「れ」が払い出されることとなっています。
また、250cc超の小型バイクのレンタカーには「わ」以外に「ろ」も使用されています。
レンタカーのナンバープレート

夏休みの旅行

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月20日

来週末で学校が夏休みに突入する。  次男が小学生だった時とは違って、毎日部活部活の生活だから、家族旅行にも行けないけれど、もし行けるとしたら、夏の北海道にでも行って、レンタカーであちこち回りながら、美味しいものを食べ歩いたり、広大な牧場で動物と触れ合ったり、綺麗なお花畑を散策したり、露天風呂で夜の星空を見上げてみたり、ゆっくりと日頃の疲れを癒しに行きたいなぁ~ちなみに新千歳空港内の回転ずしが凄く美味しいって噂だから、食べてみたいなぁ~
レンタカーで北海道へ…

夏だね♪

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月19日

今日、多摩川沿いには珍しく、レンタカーにサーフボードを積み込んだ車を見たよ^^  ここら辺、最近暴走族ばっかり走ってるから新鮮♪  私だって昔々は湘南の平塚ってところに彼氏と貸家を借りて週末は海三昧してたんだよなぁ・・・。  あの時の彼氏はきっと今もサーフィンしてるだろうな。  当時から気合入りまくりで、どんなに寒くて雪が降ろうが関係なく海に入ってたもんなぁ・・・。  子供と一緒にサーフィンしてるんだろうなぁ・・・。  なんか無性に懐かしい青春の日々
レンタカーでサーフィン

海外でレンタカーを利用するのに気を付けること

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月15日

海外への旅行客が多い今、交通手段としてレンタカーを利用する人も多いと思います。
海外でレンタカーを利用する時には何に注意をしたらいいのでしょうか。

一番大きな違いは交通ルールだと思います。
日本は左側通行ですが、海外では右側通行が主流です。
また多くの車は左ハンドルとなっています。

いつもと反対ということで、感覚を掴むまでは違和感を感じるでしょう。
海外でレンタカーを借りる際に、最も必要なものは日本の運転免許証と国際運転免許証です。

国際運転免許証は、日本の運転免許証を取得している場合運転試験場や免許センターで取得できます。
申請に必要なものは有効期限が1年以上ある運転免許証、パスポート、写真、印鑑、申請料(2,650円)です。

30分~1時間で作成できます。もちろん現地でレンタカーを借りることはできますが、予約を入れておくことをお勧めします。
希望の車種がなかったり、繁忙期には車自体がないということもあります。
海外でのレンタカー

レンタカーで外車を借りてみよう

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月8日

車が好きな人にとって、車選びはとても楽しく、カーショップに1日中居ても飽きないという人も多いと思います。
国産車はだけではなく、外車にも興味があると思います。高級な外車は値段も高く、なかなか手が出せないのが現実です。

運転したいけど買えない。そんな人達が利用しているのがレンタカーである。
国産車に比べ所有台数は少ないものの外車を扱っているレンタカー会社はあります。

レンタカーで外車を借りる場合、料金はいくら位するのでしょう。
国産車に比べ各社料金の差は大きいものの、セダンタイプで6時間20,500円、12時間28,000円、24時間34,000円位となっています。
また任意加入である免責補償料金は1日2,100円となっています。

観光客が多い沖縄県では、外車を扱っているレンタカー会社も比較的多くあります。
都市部に比べて道路も運転しやすいので、沖縄県でレンタカーを借りる際には、外車に乗ってみるのもいいのではないでしょうか。
外車

レンタカーでの事故の対処方法

Categories: レンタカー
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年7月1日

どんなに最新の注意を払い、安全運転をしていても車の事故が起こることがあります。
万が一の事故に備え保険には必ず入りましょう。

レンタカーの場合は、レンタル料金の中に保険料が含まれています。免責補償については任意加入となっています。
免責補償料は24時間で1,050円、1・2ナンバーの車は24時間で2,100円となっております。

初心者の方や、慣れない土地で初めてレンタカーを利用する人などは、免責補償にも入っておいた方が安心でしょう。
万が一事故を起こしてしまった場合、どのように対処したらいいのでしょうか。まず負傷者の救護をします。

警察とレンタカーを借りた出発店舗へ連絡をします。警察から事故証明の取得をして下さい。
どのレンタカー会社でも、事故により車両の補修、清掃が必要な場合、ノンオペレーションチャージが発生します。

その営業期間中の営業補償として、走行可能な場合は20,000円、走行不可能であば50,00円が請求されます。
レンタカーでの事故

page 1 of 1

Welcome , today is 木曜日, 2019年3月21日